SHOEI EX-ZERO を買ってみた

R18で使うならコレだ!と、実は
R18の購入を決める前から決めていた
ヘルメットがこの『SHOEI EX-ZERO』。

リバイバル、復刻版などではなく、
最新モデルとして、クラシックなセンスを
現代的な機能性でまとめ上げているところが
とってもツボ。

2023_0523-36.jpg

艶ありブラック、ホワイトと
このマットブラックとで
さんざん悩んでマットブラックを選んだ。

真っ黒いR18に合わせるなら
艶ありでも艶消しでも、
ブラックを選ぶのが
手堅いところなのですが、
“クラシックならホワイト”という
私なりの原風景がある。
例によってその「思い残し」は
揺れ戻して私に襲いかかってくるのですが、
その話はまた今度。

2023_0523-35.jpg

目立つところでは、
高速走行時や雨天時にサッと出せる
シールドなしのモデルの汎用性を一気に
高める格納式のインナーシールドがありますが、
それ以上にシェル自体を
かなり小さくしていることや
後ろ側に小さくキックしている部分など、
クラシカルなディテールの解釈が
とってもキブンだ。

2023_0327-mcs-16.jpg

R18の純正ボバーカスタムモデルを
初めて見たモーターサイクルショーでも
SHOEIのブースでEX-ZEROを、
しげしげと眺めていたのも
何かの縁かもしれない。

その頃から「手に入れたら
『DEUS ex machina』の
ステッカーを貼りたい」と
思って来たのですが、
手に入れたその日に速実行。

ステッカーを貼る前の
素の状態の撮影をし忘れたほど
すぐにでも実行したかった案件。

2023_0523-9.jpg
2023_0523-10.jpg

金ピカのリベット鋲がカッコ悪いので
艶消し黒のレタッチペイントで即塗装。

2023_0523-11.jpg

もちろんバイザーも装着した。
超カッケー。

といった具合に、
これまでオフロードの世界に
ドップリだった私のワードローブも
R18の世界観に合うものに
アップデートするためのあれやこれやが
止まらない・・・

こんなことをしているのは
R18を買うと決めてすぐのこと。
なので納車されるのはまだまだ先の話。
時間があるぶんしっかり準備ができる
とも考えられるが、こういった場合、
想像力が財力を上回ってしまうので
超危険だ。何とも先が思いやられる。

2023_0327-mcs-17.jpg

こちらもモーターサイクルショーの
SHOEIのブースで見かけたものなのですが、
まだEX-ZEROを一度も使っていないのに、
すでにこちらにも目移りしてしまっている・・・
これもR18に似合いそうだ・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次